陸抗年表

西暦 出来事 出典
226 黄武5 - 1 陸遜氏(名は不明。孫策の娘)の間に、次男として陸抗が生まれる。 “抗字幼節,孫策外孫也。遜卒時,年二十,……” “長子延早夭,次子抗襲爵。(陸遜傳) -
229 黄武8

黄龍1
4月 - 4 孫権が帝位に即き、呉王朝が成立する。*注1 “黃龍元年春,公卿百司皆勸權正尊號。夏四月……丙申,南郊卽皇帝位,是日大赦,改年。(吳主傳) 孫権
245 赤烏8 2月 健武校尉 20 父の陸遜(丞相)が死去し、陸抗は爵位(江陵侯)を継ぐ。健武校尉となり、父の五千の兵を預かり、父を葬るため東(陸氏の本籍地・県)へ帰還する。 “赤烏……八年春二月,丞相陸遜卒。(吳主傳) “長子延早夭,次子抗襲爵。(陸遜傳)” “遜卒時,年二十,拜建武校尉,領遜衆五千人,送葬東還……
赤烏8? 陸抗は、父陸遜について孫権に尋問されるが、誤解を解く。 ……詣都謝恩。孫權以楊竺所白遜二十事問抗,禁絶賓客,中使臨詰,抗無所顧問,事事條答,權意漸解。”
246 赤烏9 立節中郎将 21 陸抗は立節中郎将となり、諸葛恪と任地を交換して柴桑に駐屯する。 “赤烏九年,遷立節中郞將,與諸葛恪換屯柴桑。”
250 赤烏13 25 陸抗氏(名は不明。張承の娘、諸葛恪の姪)との間に次男の陸景が生まれる。 “天紀四年,……二月壬戌,晏爲王濬別軍所殺。癸亥,景亦遇害,時年三十一。” “陸景母張承女,諸葛恪外生。(陸抗傳注《文士傳》)
251 太元1 26 陸抗は都に上京して病を治す。任地に帰還するにあたり、孫権は父陸遜への不義を謝罪する。 “太元元年,就都治病。病差當還,權涕泣與別,謂曰……
252 神鳳1

建興1
4月 27 孫権が崩御し、孫亮が即位する。 “太元……二年……二月,大赦,改元爲神鳳。……夏四月,權薨,……(吳主傳)” “四月,權薨,太子卽尊號,大赦,改。(孫亮傳) 孫亮
建興1 奮威将軍 陸抗は奮威将軍となる。 “建興元年,拜奮威將軍。”
253 建興2 10月 28 孫峻(武衛将軍)諸葛恪(太傅)を誅殺し、丞相となる。陸抗は、夫人の氏が諸葛恪の姪であったため、離縁する。 “〔建興二年〕冬十月,大饗。武衞將軍孫峻伏兵殺恪於殿堂。大赦。以峻爲丞相,封富春侯。(孫亮傳)” “恪誅,景母坐見黜。(陸抗傳注《文士傳》)
257 太平2 5月 奮威将軍

柴桑督
32 魏の諸葛誕(魏:司空呉:大司徒・驃騎将軍)寿春にて籠城し、呉に帰順を表明する。陸抗柴桑督となり、朱異(鎮南将軍・大都督)率いる救援軍の将として従軍し、魏の牙門将軍や偏将軍を破る。 “太平二年,魏將諸葛誕舉壽春降,拜抗爲柴桑督,赴壽春,破魏牙門將偏將軍,……
9月 32 朱異孫綝(大将軍)に殺される。この際、陸抗は面会に赴こうとした朱異を止めようとしたが、拒否された。 “二年……朱異以軍士乏食引還,綝大怒,九月朔己巳,殺異於鑊里。(孫亮傳)” “綝要異相見,將往,恐陸抗止之,異曰:「子通,家人耳,當何所疑乎!」遂往。(朱異傳注《吳書》)
258 太平3 2月 征北将軍

柴桑督
33 魏の司馬昭(魏:大将軍)諸葛誕を敗って寿春を奪回し、呉軍の敗戦となる。※この戦の詳細は「諸葛誕の乱」参照。
陸抗は(魏の将軍らを破った功績により?)征北将軍となる。
“二月乙酉,攻而拔之,斬誕,夷三族。(《晉書》文帝紀)” “破魏牙門將偏將軍,遷征北將軍。”
太平3

永安1
9月 孫亮が廃位され、孫休が即位する。 “九月戊午……召大臣會宮門,黜亮爲會稽王,時年十六。” (孫亮傳) 孫休
259 12月 孫綝(丞相)が誅殺される。 “十二月戊辰臘,百僚朝賀,公卿升殿,詔武士縛綝,卽日伏誅。” (孫休傳)
永安2 鎮軍将軍

西陵都督
34 陸抗は鎮軍将軍となる。西陵都督となる。関羽から白帝(永安)までの軍事の総指揮にあたる*注2 “永安二年,拜鎭軍將軍,都督西陵,自關羽至白帝。”
260 永安3 鎮軍将軍

仮節

西陵都督
35 陸抗は仮節を授けられる。 “三年,假節。”
261 永安4 36 陸抗の四男・陸機が生まれる。 “年二十而吳滅,退居舊里,閉門勤學,積有十年。(《晉書》陸機傳)
262 永安5 37 陸抗の五男・陸雲が生まれる。 “機之敗也,并收雲。……孟玖扶穎入,催令殺雲。時年四十二。(《晉書》陸雲傳)” “遂遇害於軍中,時年四十三。(《晉書》陸機傳)
263 永安6 8月
〜11月
38 魏が蜀漢に侵攻し、呉では救援軍を編成するが、蜀が敗れ降伏する。陸抗は蜀が滅亡したことを上表する。 “甲申,使大將軍丁奉督諸軍向魏壽春,將軍留平別詣施績於南郡,議兵所向,將軍丁封、孫異如沔中,皆救蜀。(孫休傳)” “蜀爲魏所幷,覈詣宮門發表曰:「……定聞陸抗表至,成都不守,臣主播越,社稷傾覆。……(華覈傳)
264 永安7 2月

7月
39 歩協(撫軍将軍)が魏の旧蜀漢領に侵攻し、永安にて魏軍(元・蜀軍)の羅憲(元蜀:巴東太守)と戦う。陸抗は援軍として永安に赴くが、魏軍の胡烈(魏:荊州刺史)西陵に侵攻してきたため撤退する。※この戦の詳細は「永安の戦い」参照。 “二月,鎭軍〔將軍〕陸抗、撫軍〔將軍〕步協、征西將軍留平、建平太守盛曼,率衆圍蜀巴東守將羅憲。……秋七月……魏使將軍胡烈步騎二萬侵西陵,以救羅憲,陸抗等引軍退。(孫休傳)” “吳又使步協西征,憲大破其軍。孫休怒,又遣陸抗助協。……會荆州刺史胡烈等救之,抗退。(《晉書》羅憲傳)
永安7

元興1
7月 孫休が崩御し、孫晧が即位する。 “秋七月……癸未,休薨,……(孫休傳)” “休薨,是時蜀初亡,而交阯攜叛,國內震懼,貪得長君。……於是遂迎立晧,時年二十三。(孫晧傳) 孫晧
元興1 8月 鎮軍大将軍

仮節

西陵都督

益州牧 *注3
陸抗は鎮軍大将軍を加官される。益州牧となる。 “孫晧卽位,加鎭軍大將軍,領益州牧。” “元興元年八月,……諸增位班賞,一皆如舊。(孫晧傳)
259〜265頃 鎮軍大将軍

江陵都督?*注4

益州牧
この頃、陸抗江陵都督となる? “賀太傅作吳郡、初不出門。……陸抗時爲江陵都督、故下請孫皓……(《世説新語》政事第三)”
265 甘露1 9月 40 孫晧は、歩闡西陵督)の上表に従い建業から武昌に遷都する。 “九月,從西陵督步闡表,徙都武昌,(孫晧傳)
266 12月 司馬炎が魏から禅譲を受け、晋王朝が成立する。 “十二月壬戌,天禄永終,曆數在晉。(陳留王紀)”
267 宝鼎1 12月 41 孫晧は都を武昌から建業に戻す。 “寶鼎元年……十二月,晧還都建業,(孫晧傳)
269 建衡1 11月 44 陸抗の族兄にあたる陸凱(左丞相)が死去する。 “建衡元年……十一月,左丞相陸凱卒。(孫晧傳)
270 建衡2 4月 鎮軍大将軍


楽郷都督

益州牧
45 施績(大司馬)が死去する。陸抗は(事実上の後任として)都督信陵西陵夷道楽郷公安諸軍事となる*注5楽郷を統治する。 “建衡二年,大司馬施績卒,拜抗都督信陵、西陵、夷道、樂鄉,公安諸軍事,治樂鄉。”
271 建衡3 46 陸抗楽郷に城を築く。 “呉孫皓建衡三年,陸抗所築樂郷城(《通典》州郡典)”
272

273
鳳皇1 8月

12月
47 歩闡(昭武将軍・西陵督)が叛乱を起こし晋に降る。陸抗西陵を包囲する。晋の羊祜(晋:車騎将軍・都督荊州諸軍事)楊肇(晋:折衝将軍・荊州刺史)徐胤(晋:巴東監軍)らが救援にやってくるが、陸抗楊肇を破って全軍を撤退させ、西陵を陥落させて歩闡らを処刑する。※この戦の詳細は「歩闡の乱」参照。 “鳳皇元年秋八月,徵西陵督步闡。闡不應,據城降晉。遣樂鄉都督陸抗圍取闡,闡衆悉降。闡及同計數十人皆夷三族。(孫晧傳)” “九月,吳西陵督步闡來降,……吳將陸抗攻闡,遣車騎將軍羊祜帥衆出江陵,荊州刺史楊肇迎闡於西陵,巴東監軍徐胤擊建平以救闡。……十二月,肇攻抗,不克而還。闡城陷,爲抗所禽。(《晉書》武帝紀))
273 鎮軍大将軍

都護

益州牧
48 陸抗は都護を加官される。 “加拜都護。”
鳳皇2 3月 大司馬

都護

荊州牧
陸抗は大司馬、荊州牧となる。 “二年春,就拜大司馬、荆州牧。” “二年春三月,以陸抗為大司馬。(孫晧傳)
274 鳳皇3 49 陸抗は病が重くなり、死後の国防対策や都の軍事システム改善などについて上疏する。 “三年夏,疾病,上疏曰……
7月 陸抗が死去する。長男の陸晏が後を継ぐ。子の陸晏陸景陸玄陸機陸雲がそれぞれ父の兵を分割して預かる*注6 “秋七月……大司馬陸抗卒。(孫晧傳)” “秋遂卒,子晏嗣。晏及弟景、玄、機、雲、分領抗兵。”
280 天紀4 3月 - 晋が呉を滅ぼし、中国を統一する。

※官職は便宜上、次の官職が明記されるまで継続したものとしています。

*注1 黄武元年(魏の黄初三年、西暦222年)から呉は事実上独立していた。

*注2 白帝は蜀漢領なので、実際に統括していたのはその手前の建平までの軍だと思われる。

*注3 『正史 三国志』(ちくま学芸文庫)には「益州の牧の任務を名目的に執り行った」とある。益州はすでに魏の領土であるため、肩書きだけで、現実的な権限があったわけではないという意味か。

*注4 孫晧の治世、会稽太守が賀邵だったころ、江陵都督だった可能性があるかもしれない。259年には陸抗西陵都督で、265年には歩闡西陵都督なので、その間のことか。

*注5 陸抗伝では「都督信陵・西陵・夷道・楽郷・公安諸軍事」、孫晧伝ではこの頃「楽郷都督」との記述がある。少なくともこの時代、他に西陵督、江陵督、公安督が別に居ることから、信陵公安の軍を統括する権限を持ち、楽郷軍は陸抗の直轄だった。

*注6 陸抗の息子にはもう一人、末子の陸耽(生年不詳)がいる。

2007.03.08