丁固(丁密)の経歴

 孫呉末期の重臣、丁固ていこ丁密)について。

 若い頃に父が死去したため、母親と二人暮らしだったが、闞沢虞翻に評価され、孫晧の時代には司徒の位に上る。陸凱と同い年。子の丁彌や孫の丁潭ていたんは、晋に仕えた。丁潭は『晋書』に伝がある。

 元の名は丁密といった。しかし滕密の名を避けて、丁固と改名(滕密の方でも同様の理由で滕牧と改名した)。あざなは子賤。改名前後で同じなのかどうかはわからず。

西暦 出来事
198 建安3 丁密が生まれる。闞沢は、赤子の頃の丁密を「必ずや位人臣を極めるであろう」と評する。 1 -
? ? 父の丁覧が死去したため、丁密は母や一族の身寄りのない子らを支えながら暮らす。 -
? ? 丁密は官に就く。父の友人であった虞翻は、丁密の同僚に宛てた手紙で彼を高く評価する。 ?
? ? 虞翻が交州に配流となる。 ?
229 黄武8

黄龍1
4月 孫権が帝位に即き、呉王朝が成立する。 32 ? 孫権
239頃 赤烏2 虞翻が配流先で死去する。 41 ?
243 赤烏6 11月 闞沢が死去する。 46 ?
250 赤烏13
11月
孫権の皇太子の孫和と弟の孫覇の間に後継者争いが起こり、結果、孫和を廃嫡して孫覇を自害させ、孫亮を皇太子とする。一連の騒動で重臣たちはそれぞれの派閥に分かれていたが、丁密(尚書)孫和派だった。 53 尚書
丁密は松の木が腹に生える夢を見て、18年後、三公の位に上ることを予言する。
252 神鳳1

建興1
4月 孫権が崩御し、孫亮が即位する。 55 孫亮
257 太平2 8月 会稽南部で反乱があり治めていた都尉が殺される。鄱陽新都の民衆が反乱を起こし、丁密(廷尉)鄭冑(歩兵校尉)鍾離牧(将軍)が軍を率いて討伐する。※この当時は、諸葛誕の乱の最中。 60 廷尉
258 太平3

永安1
9月 孫亮が廃位され、孫休が即位する。 61 孫休
262 永安5 10月 孫休は衛将軍の濮陽興を丞相に、廷尉の丁密を左御史大夫に、光禄勲の孟宗を右御史大夫に任じる。 65 左御史大夫
263 永安6 11月 魏が蜀漢を滅ぼす。 66
264 永安7

元興1
7月 孫休が崩御し、孫晧が即位する。 67 孫晧
265 甘露1 9月 孫晧建業から武昌に遷都する。
丁固(左御史大夫)諸葛靚(右将軍)建業の守備にあたる。
68
266 12月 司馬炎が魏から禅譲を受け、晋王朝が成立する。
宝鼎1 10月 永安の山賊の施但らが反乱を起こし、孫晧の異母弟の孫謙を脅して新たな帝として擁立し、建業まで攻めてくる。丁固(左御史大夫)諸葛靚(右将軍)はこれと牛屯で戦い、鎮圧する。 69
267 12月 孫晧は都を武昌から建業に戻す。
一説にはこの頃、陸凱(左丞相)丁奉(右大司馬)丁固(左御史大夫)孫晧を廃位して孫休の子を新たな帝に立てるクーデターを企てたが、未遂に終わる。
268 宝鼎3 2月 孫晧は左御史大夫の丁固を司徒に、右御史大夫の孟仁孟宗)を司空に任じる。 71 司徒
271 建衡3 9月 孟仁(司空)が死去する。 74
273 鳳皇2 3月 丁固(司徒)が76歳で死去する。 76
280 天紀4 3月 晋が呉を滅ぼし、中国を統一する。 -

※一部では「御史大夫」としか書かれていないが、前後を参照し「左御史大夫」で統一した。

御史大夫とは?

 前漢時代の三公の一だが、呉の御史大夫とはどういった役職なのだろうか。孫峻伝の注には「孫峻を丞相とし、〔その副官である〕御史大夫は置かぬことに決められたが〜」という訳注があり、丞相の副官として置かれることがあるらしい。丞相は、262〜264年は濮陽興、266年からは左丞相・陸凱、右丞相・万彧

丁固と「十八公」の夢

 丁固の逸話として有名なのが、松の夢占いの話。

吳書曰:初,爲尙書,夢松樹生其腹上,謂人曰:「松字十八公也,後十八歲,吾其爲公乎!」卒如夢焉。

陳壽撰、裴松之注『三國志 五 吳書』中華書局、1982年、P1167

『呉書』にいう。丁固が尚書であったころのこと、松の木が腹の上に生えるのを夢に見て、人にいった、「松の字は十八公からなる。十八年あと、私は三公となるであろう」と。結局、夢のとおりになった。

陳寿、裴松之注、小南一郎訳『正史 三国志 6』ちくま学芸文庫、1993年、P207

 自ら夢を分析し、自分は三公になるに違いない、と公言して憚らない丁固は、かなりポジティブな自信家だったのかもしれない。孫権による建国期から、歴代の帝に仕えて動乱の中を生き抜いてきた丁固は、最後の帝となる孫晧の時代、果たして三公の一である司徒の位に上った。それより十八年前といえば、ちょうど孫権の後継者争い(二宮の変)の頃であり、確かに丁固は尚書として名前が出てくる。

 このことから、松の異名を「十八公」というようになった。また、この故事を元にした「丁固」という謡曲があるらしい。三国志ファンの間ではおそらく相当にマイナーな丁固だが、意外な方面に名を残していた。

 ちなみに丁固とともに御史大夫を務め、やがて同時に三公の位に就くことになる同僚が、筍の故事で知られる孟宗孫晧の即位後はそのあざな「元宗」の文字を避けて孟仁と改名)であった。

2011.07.18