姜維の北伐:250年(魏・嘉平二年、蜀・延熙十三年)

司令官兵力結果
蜀軍姜維不明敗北
魏軍郭淮(鄧艾)不明勝利

※姜維の北伐のうち、陳泰と戦った時代について、個人的な理解のためにまとめています。不足・誤解などある可能性が高いです。

登場人物

魏軍

  • 郭淮かくわい(征西将軍、都督諸軍事)
  • 鄧艾とうがい南安太守)

蜀軍

  • 姜維きょうい(衛将軍、録尚書事、涼州刺史)
  • 廖化りょうか陰平太守?)

地理

250年地図

嘉平二年(250年)〜5月 *注

 前年、姜維を撃退した郭淮は、勝利に乗じて西の羌族の討伐に向かうことにした。しかし鄧艾は、姜維がまだ遠方まで去っていないことから、戻ってくる危険を考え、軍を分けて襲撃に備えるべきだと進言。郭淮はこれを容れ、鄧艾白水の北に駐留させた。

 前年、姜維漢中郡南鄭に撤退している。

 鄧艾の予想どおり、蜀軍はやってきた。三日後、姜維指揮下の廖化は、白水の南に鄧艾の陣営に向かって陣を築く。

 しかし廖化は、河を挟んで少数の鄧艾軍を前にしながら、渡河のための橋を築こうとしない。このため鄧艾は、廖化の真の目的は鄧艾の撃破ではないことを見抜いた。廖化鄧艾を足止めさせておき姜維自身は東へ向かい、洮城白水の北にあり、鄧艾の陣営からは六十里の距離であった)を攻め取ろうとしているものと考えた鄧艾は、その夜、密かに出陣し洮城へ向かった。

 予想どおり、姜維は河を渡って洮城へ侵攻してきた。しかし鄧艾が先んじて籠城していたため、姜維は勝てずに(南鄭に?)撤退した。

 *注 蜀書後主伝によれば、姜維は延熙十三年(250年)に西平涼州にある郡)に侵攻した。一方、白水洮城での戦の記述は鄧艾伝にのみあり、嘉平元年(249年)の麴山での戦以降・嘉平二年(250年)5月に郭淮が車騎将軍になるまでの出来事。その間に姜維が魏に侵攻した記述はこの時だけなので、西平を攻めようとしたものの実際には途上で鄧艾に防衛され、到達しなかったものか。

 洮城の具体的な位置が不明。隴西郡の南部、洮水の南に臨洮県がある。白水からは最短距離でも六十里(26.1km)の倍ほど離れているようだが、これより南にあるのも不自然な気がするので、ここだろうか。白水流域は益州になるようだが、前年の陳泰の言動からしても、このあたりが当時の国境だった模様。

2015.08.16